【キッズまゆ青木島】構造化と自立2 – スポーツ&アカデミーキッズまゆ

長野市で療育に特化した放課後等デイサービスならスポーツ&アカデミー キッズ まゆ

TEL.0120-622-515

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ!

TEL.0120-622-515 お問い合わせ・ご相談フォーム

【キッズまゆ青木島】構造化と自立2

【キッズまゆ青木島】構造化と自立2

長野市 放課後等デイサービス スポーツ&アカデミー キッズまゆ 青木島店

療育 運動 学習 自立 支援  脳の活性化  無料相談 無料体験

 

こんにちは!管理者Sです。

寒かった昨日とは違い、今日は日差しもあり温かいですね。

気温差も激しい日もありますので、皆様どうぞ健康にはお気をつけください。

 

今日は前回に引き続き、構造化についてお話いたします。

前回までは、構造化の目的・構造化の要素までをお話しいたしましたね。

今回は・・・

構造化のやり方についてお話しします。

構造化は大きく分けて5つに分けられます。

①物理的構造化

物理的に整理を行う(環境、場所の意味・構造の整理;エリアと行動を対応させる事)

👇

”どこでするのか。なにをするのか”の場所の意味を分かりやすくする。

👇

それにより、起こりえることを予測できる。

👇

不安軽減につながり、安心できる。

 

②スケジュール

見通しを立てたり、先を想像する事が苦手。

👇

【なにがおこるの?何をするの?】と不安になる。

👇

スケジュールを提示

👇

先を見通すことができ、安心できる

 

③手順の構造化

なにをどのようにするのかをみてわかる形で提示する

👇

手順をみにつけることができる。

👇

自立につながる。

 

④ルーティン化

いつも〇〇したら●●するの習慣化した流れをつくる。

👇

先の見通しがたち、安心して過ごせる。

👇

自発的行動につながり、自立につながる。

 

⑤視覚的構造化

発語によるコミュニケーションに難しさがある。

👇

実物・カード・写真・文字等のツールを使用することでコミュニケーションの幅が広がる。

 

上記のように、構造化を行うことにより、

より【安心】して活動を行うことができ、自発的行動が生まれ【自立】につながっていくのではないでしょうか。

 

キッズまゆでも、ご利用者一人一人の特性に応じながら、様々な構造化を行っております。

一歩一歩お子様の成長に共に寄り添いながら支援させていただきます。

 

キッズまゆでは、ご相談や連絡の窓口として、LINEを開設いたしました。

電話だと・・・ご相談しにくいこともあるかとは思いますので、

ぜひご登録いただき、お気軽にご連絡・ご相談ください。



ご利用のご相談のみではなく、ちょっとしたご相談でも構いません。

ぜひ、おひとりで抱え込まずにご相談ください。

現在、キッズまゆ青木島店、運動学習コース・運動コースともに空きがございます。

無料相談・無料体験も随時受け付けております。

ご興味がございましたら、お気軽にお問合せください。

 ☆026-285-9813☆

皆様からのお問合せ、お待ちしております。

 

 

 

 

 

長野市 放課後等デイサービス スポーツ&アカデミー キッズまゆ 青木島店
運動 学習 自立 支援 脳の活性化 無料相談 無料体験
キッズまゆFacebook:」https://www.facebook.com/%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%BA%E3%81%BE%E3%82%86%E9%9D%92%E6%9C%A8%E5%B3%B6%E5%BA%97-865699283606760/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

キッズまゆの見学は

HPお問合せフォームより

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【 スポーツ&アカデミー キッズまゆ 】

住所:長野県長野市青木島1丁目2−12 ICビル1F

電話:0120-622-515

 


お問い合わせはお気軽にどうぞ!スポーツ&アカデミー キッズまゆ
TEL.0120-622-515

運動学習療育特化型 放課後等デイサービス

お問い合わせ・ご相談フォーム

放課後等デイサービスとは?

放課後等デイサービスとは、2012年の児童福祉法改正により設置された、障がいをもつお子様(小学生・中学生・高校生)が学校終了後、
または長期休暇中に通うことが出来る施設の事です。学校以外の集団行動が出来る場や居場所をつくってあげることで、
障がいを持つ子どもたちが集団生活への適応訓練の機会を得ることが出来、
また、一時的にケアを代替えすることでご家族の日々の疲れ等をリフレッシュしてもらうことも出来るようになります。
利用料は一割負担となっていて、各ご家庭の所得に応じて上限月額がお住いの自治体によって定められるといった形です。
利用するには各市区町村で発行される通所受給者証が必要となりますので住民票がある市・区役所に申請して下さい。